瑞穂の国の野鳥たち

terra121.exblog.jp

枝どまりの

枝どまりのコミミです。
今年は地元で思う存分撮れましたが、枝どまりはこのシーンだけでした。
e0261593_20293517.jpg


最初に

野鳥写真は、自己満足できればそれで十分かなと思います。文章も写真も素人なので、両方の力を借りて、イメージを形にしたいと思いブログを立ち上げることにしました。特に好きなのは、サンコウチョウとコミミズク、トラフズク。それにヤマガラ、エナガ、コルリ。これだけ撮れれば満足です。フィールドはあえて限定していません。経済的、時間的に行ける範囲は自然と限られてきますから、地元のものが多くなるのは自然な流れ。珍鳥よりはその季節の好きな鳥を追いかけています。だからここ数年鳥種カウンターはほとんど動かず。
主役と背景がバランスした、ちょっと風景寄りの絵を目指しつつ、デジスコの後遺症なのか、”図鑑写真的ドアップ志向”が何時になっても抜けません。身近なフィールドにこだわっての地味な活動を目指す一方で、現実は珍鳥を追い回すパパラッチの一部と化すこともしばしば。でも動けるうちは動きまわって行きたいもの。時間と体力とそして経済力の許す範囲で、精一杯瑞穂の国の美しい鳥たちを追い続けてゆくつもりです。

撮影機材
カメラ Nikon D300 D3s D7000 CANON IXY2000IS SONY W300他
レンズNikon AF-S NIKKOR ED500F4 D VR AF-S NIKKOR ED300 F2.8DⅡ ED300 F4他
スコープ LEICA AT 77S Swarovski STS65HD KOWA TSN-774

撮影を始めた2年ほどはデジスコだけで頑張っていましたが、躍動感とは無縁な機材なので、デジ眼との併用に切り替えました。今はデジ眼がメインですが、フクロウ類や猛禽の止まりものなどは、デジスコの独壇場なので手放さずに、時折活躍してもらっています。
by 667711 | 2012-03-13 20:30 | 地元・県内 | Comments(0)