瑞穂の国の野鳥たち

terra121.exblog.jp

高原の夏鳥 ホザキシモツケとノビタキ②

やや大きめの画像を集めました。
この時期、遊歩道には林間学校の生徒と思われる大集団が次から次へとやってきて
「コンニチワ~~!」 「何撮ってんですか?」 「熊ですか?」・・・・ といった感じ。
もちろん歩行者優先なので、速やかに三脚を狭め、端に寄って道を譲り、質問には懇
切丁寧に答ますが、こういう状態が延々果てしなく続くと、それも億劫に・・・
e0261593_2095666.jpg


e0261593_2010387.jpg


e0261593_20101490.jpg


e0261593_20102261.jpg


野鳥はというと、連日のにぎわいに馴れたのか、往来が途切れるまで大人しく小枝で待機。
そうして・・・ 午後になり、喧騒も収まり陽炎も静まり鳥も緊張が解け・・・撮影条件はほんの
束の間好転しましたが、やがて黒雲が広がり、風も吹き始め、文字通り風雲急を告げる雰
囲気に。 後ろ髪を引かれつつも撤収となりました。

e0261593_20102838.jpg


e0261593_20103570.jpg


e0261593_20104288.jpg


e0261593_20104893.jpg


e0261593_20105581.jpg


e0261593_2011215.jpg

by 667711 | 2016-08-02 20:17 | プチ遠征・県外 | Comments(0)